ブラック企業の最悪な労働環境で身体も精神もぼろぼろ。

それもそのはず。
ブラック企業は、ぼろ雑巾のように社畜(やつらは社員を人間と思ってませんから)を使い捨てますので、社員の働くことに対してのやる気、気持ちのモチベーションが底をつくのは時間の問題です。

そのうち、どんなに希望いっぱいで入社した社員であっても

自分はこの会社で何がやりたいんだろう。
この会社で働いて、いったいなんの意味があるのだろう。

と当たり前の疑問を持つようになります。

それは、自分の直感が正しいです。当然の疑問ですから。
もう、そんな会社で働くことに意味なんてないんです。

一秒でも早く、そんな会社からは離れましょう。

転職活動してみないとわからないこと

ブラック企業に未来なんてありません。
そのうち市場からも退場することになるでしょう。

沈み行く会社に、最後までしがみつくほど愚かなことはありません。
会社が沈没してなくなるまえに、次の会社に転職しましょう。

・自分に転職なんてできるんだろうか
・次の会社もブラック企業だったらどうしよう

そういう心配を持つ人もいるでしょう。
ですが、転職活動はまずやってみなければ、何もはじまりません。

転職活動をしてみるとわかりますが、実際に動いてみて初めてわかることって多いです。

一番多いのが、自分ではわからなかった自分の強みを知ることが出来ること。

『転職マニアの転職エージェントの選び方』ってサイトに書かれていたのですが、
転職する際に使う転職エージェントサービスにいる、キャリアエージェントと呼ばれるコンサルタントが客観的に、求職者の強みや特徴を見出してくれます。

そうした新しい自分の発見は、実際に転職活動をしてみなければわからないことがおおいです

そして、実際とてつもない数の求人があることを知ることができます。

その際、決して忘れてはいけないことがあります。

ブラック企業で働いたことを通して、ブラック企業の特徴ってわかっているはずです。

もう二度とブラック企業を選んではいけません。

必ず、転職先の企業の社風、労働環境、社員の声というのをチェックして、慎重に選びましょう。